SORACOM MOCAROS を使ってみたら「ずうとるび」にはならなかった

新元号「令和」が発表された今日、SORACOMからを新サービスMOCAROSが発表されたので早速使ってみました。
SORACOMのネーミングルールに従いLagoonの次の “M” で始まるサービスです。

登録

公式ドキュメントに従い、
1. SORACOM Inventory サービスを使いデバイスを登録する。
2. デバイスをデバイスグループに登録する。
3. デバイスグループのSORACOM Harvestサービスを有効にする。

使い方

作成したデバイスのデバイスIDとシークレットキーを使って、httpリクエストでjsonデータをPOSTします。
curlコマンドではこの通り

curl -X POST --header 'content-type: application/json' --header 'x-device-secret: <シークレットキー>' -d '{"mocaros":"MOCAROS"}' https://api.soracom.io/v1/devices/<デバイスID>/hsilbup

SORACOM Harvest でデータを確認します。

試してみた

{"mocaros":"MOCAROS"} -> {"mocaros":"SORACOM"}

おお!反転されました。

では

たけやぶやけた -> たけやぶやけた

おお!

これではどうだ

beatles -> selteab
ビートルズ -> ズルトービ
びーとるず -> ずるとーび
びいとるず -> ずるといび


うーん…
残念ながら「ずうとるび」にはならず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です