DALI入門(1) DALIのアドレスを理解する

DALI(Digital Addressable Lighting Interface)と呼ばれる照明制御用プロトコルがあります。
IEC標準の国際規格でありヨーロッパで広く使用されていますが、最近日本でも対応器具が増えつつあります。

1年ぐらい前からオープンプロトコルであるLonWorks、KNXあるいはEnOceanと組み合わせてDALIで照明を制御するデモ装置を作ったりしているのですが、理解が足りないので、DALIプロトコルの勉強を始めました。

DALIのネットワーク

トポロジー バス、またはスター
デバイス数 max64台/チャンネル
構成 マスタースレーブ方式
通信速度 1200bps
信号線 D+とD-の2本
信号 High:16V マンチェスター符号方式 立上り:0 立下り:1

DALIプロトコルフレーム

DALIのプロトコルはアドレス+コマンドのシンプルなコマンドレスポンス方式です。
アドレスに個別デバイス、グループ、ブロードキャストを指定して目的のデバイスへ命令を送信します。

DALIアドレス8bitの中身

DALIアドレスは
アドレスの8bitは 先頭 1bit + address 6bit + セレクトビット1bitに分けられます。

0: ショートアドレス個別デバイスを指定
1: グループアドレス

000000-111111: 0-63デバイスアドレス

0: DAP (Direct Arc Power Control) コマンド:直接調光を指定
1: IAP (Indirect Arc Power) コマンド:それ以外

従って
ショートアドレス1のデバイスに対してDAPを送信するとアドレス8bitは 0 000001 0 = 2
IAPを送信する際は 0 000001 1 = 3 となります。

ショートアドレス63のデバイスに対してDAP/IAPを送信するとアドレス8bitは 0 111111 0/1 = 126/127 となります。

DALI コマンド/データ

こちらは8bit(= 1byte)で
コマンド:0x00-0xffの各種値にコマンドが割り当てられています。

0x00: OFF
0x05: RECALL_MAX_LEVEL
0x90: QUERY_STATUS
など

調光の場合は調光レベルを 0x00-0xff で指定します。

DALI Monitor

DALIモニタでプロトコルを見てみました。
例:
アドレス2のデバイスにDAPで調光レベルを226から16へ減光し、また74,84,68と変更しています。

Line14 で全デバイスへブロードキャスト(0xff)へOFF(0x00)した後、RECALL_MAX_LEVEL(0x05)で最大レベルで点灯しています。

DALI信号波形

オシロで波形を測定しました。
約16Vpp 1200bpsのシリアル信号であることが確認できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です