ラズパイIoT鉄道模型でMaker Faire Tokyo 2019 に出展します

いよいよ今週末はMFTokyo2019です。初めてになりますが出展します。

Maker Faire Tokyo 2019

I-07-11 ZioTreks(ジオトレックス) です。初出場です。

Maker Faire Tokyo 2019

なんと、からあげさんのブログでも紹介頂きました。ありがとうございます!

展示予定

これまでブログでも記事にしている「ラズパイIoT鉄道模型」を展示します。

ZioTreks

(1) AWS Greengrassによる自動運転

AWS Greengrassはざっくり言ってしまうと、AWS上のサーバレスサービスであるLambdaをローカルデバイス上で実行することができるサービスです。

ラズパイにインストールして、鉄道模型の自動運転シーケンスを実行します。
ローカル(エッジ)で実行するのでレスポンスが早く速度制御が可能になりました。

鉄道模型がぐるぐる周回し、引き込み線に入る運転シーケンスを自動で行います。

(2) 車載カメラとNode-Redで運転

Nゲージの鉄道模型を運転席からの動画ストリーミングを見ながら、ダッシュボードのボタンで運転することができます。


鉄道模型にラズパイZeroを載せて、Piカメラからの動画をストリーミングします。
Node-Redでダッシュボードを作り、機関車の速度制御を行います。

前日追い込み中

一応展示物は出来上がりましたが、もろもろの準備中です。
さて上手く動くでしょうか。
展示会場はWiFiが混雑でほぼ使えないのが常なので、ラズパイZero Wを使っている動画ストリーミングは録画の再生になってしまうかも。

twitterのアイコンも入れて名札(名刺)も作りました。印刷せねば。

ネット繋がりの方々や出展者の方々、来場の方々
Maker Faire Tokyo 2019会場でお会いできるのが楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です